時の足音


時光的腳步聲

 

 

別れの季節に揺れる 儚き

一輪花

同じ温もりの風を

誰もが探して歩いてる

出逢いは空に流れる おぼろ雲の下で

重なり合う時計の針のように

ゆっくりと ゆっくりと

回りはじめる

 

搖曳於逝去的季節裡 如夢似幻

一朵花兒

眾人皆尋覓著那

一貫溫暖的薰風

所謂的邂逅不就像是在那天空中飄流 於朦朧浮雲之下

時鐘裡那交疊的指針般

緩慢地 緩慢地

開始轉動

 

 

 

短い針が君なら 長い針が僕で

同じ時間を刻みながら

何度もすれ違いまた出逢い

歩く歩幅は違っても 描く未来が同じなら

大丈夫また同じ場所から 始められるから

 

如果你是那時針 我就是那分針

儘管我們刻劃著相同的時間

卻不斷地交錯和邂逅

雖然彼此的步伐相異 然而只要我們描繪著相同的未來的話

沒問題的 因為我們一定還會在相同的地方 重新開始

 

 

 

「頑張ったけどだめだったね。」

「負けちゃったけどかっこよかったね。」

色んな種をもらった 言葉が心に水をやる

 

「都這麼努力了,不過完全沒有辦法呢。」

「雖然輸了,可是很帥唷。」

你在我身上種下各式各樣的種子 用著話語灌溉我的心田

 

 

短い春に咲く夢 長い冬を越えて

心の奥に集めた種は

どんな光で育つのだろう

歩道の陰に咲く花 誰のためにあるのだろう

「誰のためでもないよ。」と輝く

君に照らされてる

 

短春中綻放的夢 越過那漫長冬季

於心底深處所匯集的種子

將會在怎樣的光芒下滋長呢

綻放於人行道縫隙中的花朵 是為了誰而存在的呢?

「並不是因為誰才存在的唷。」你散放著光芒回答

而我則被你照耀

 

 

想いが言葉に変わるよ 言葉が光を呼んでる

光がほら影を作る

影で人は強くなれる

強さが優しさに変わる

優しさが出逢いを呼んでる

出逢いが道を作る

この道にまた想いを刻む

 

思念是會變成話語的唷 而話語則能喚來光芒

而光 瞧-造出了影子

人則藉由影子變得堅強

而堅強則變成了溫柔

溫柔喚來了邂逅

邂逅作出了道路

這條道路上還刻著思念

 

 

 

短い針が止まれば 長い針も止まる

同じ痛みを分け合える事

いつしか喜びに変わるから

誰もが一人一つ一瞬一秒一度きり

巻き戻せない時を

躊躇わず

生きてゆける そんな出逢いを探してる

ためらわず生きてゆける そんな出会いを探してる

一人 一つ 一瞬 一秒 一度きり

出逢えて

よかった

 

要是時針止歇 分針也將停滯

如果能共享這份痛苦的話

遲早能變成歡愉

所以在那眾人都會有的 一人一個一瞬一秒僅有一次

無法回頭之時

請勿躊躇

好好的活下去吧 去尋覓著那份邂逅

不須猶豫的活下去吧 去尋覓著那份邂逅

一人 一個 一瞬 一秒 僅有一次

能遇見你

真是太好了

 

 

創作者介紹

GDRS的翻譯工作室

GDRS 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()